上目黒FC >>> 活動内容

••• 上目黒FC理念

地域活動

最近のチーム全体の活動として、「震災復興支援の募金活動」を祐天寺駅前で実施いたしました。 寒さの残る時期でしたが、未就学児~高学年、父母、コーチのみんなで、募金活動を行いました。 お声がけをしてくださった方々に感謝申し上げるとともに、皆様からの心よりの義援金は、被災地の復興支援に役立てていただけることと思います。 上目黒FCでは、サッカーを学ぶことのみならず、地域の方々との触れ合いを通じて、よりよい「まちづくり」の支援貢献に邁進していきます。

上目黒FC募金活動
子供の健全育成

サッカーを通じてスポーツの楽しさや意識の向上、習得する喜びを体感できる環境づくりを心がけています。 フェアプレイの大切さや集団行動に相互のコミュニケーションなど、健全育成を目的とした活動をしています

上目黒FC練習内容マップ

Pre Golden Age  サッカーを楽しく。

小学校低学年は神経回路が著しく形成される時期。いろいろな遊びを経験し、 ボールに触れることの楽しさや身体を動かす喜びを存分に味わい「サッカーが好き」という状態で次のステージへ進むとよいと言われています。 練習ではボールを使った鬼ごっこやゲームなどを取り入れ、楽みながら体力づくりや瞬発力を養うプログラムを取り入れています。

Golden Age  実践的な技術、応用が可能に。

神経系の発達がほぼ完成に近づいたこの時期は、物事を短時間で習得できるゴールデンエイジ(Golden Age)と呼ばれる時期。 プロのような高度なテクニックを身につけることも可能で、競争心もそなわってきます。 スピードや力強さも重視したいところですが、精度の高いパス、ボールコントロールなど高い技術を意識するように指導しています。